家を売る:税金

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

家を売ることによってそれに対して利益が生まれた場合にはその分に対して税金を支払う必要が出て来ます。買ったときの価格よりも家が高く売れた場合にはその分に対しての税金を支払う必要がでてきます

家を売った後は必ず確定申告が必要ですし、購入金額より売却金額が高かったなど利益が出た場合は譲渡所得税が発生し、税金を払うことになります。この税金に関しても3000万円の特別控除や、軽減税率の特例などがあり、自分で申請する必要があります。

確定申告書類家を売ることによって得られた税金は通常の税金とは異なった形式で収められるものですので、分離課税方式によって支払われます。
家を売ることによって得られる金額の計算方法は以下のようになっています。
家を売ることよって得られる金額=家の売買金額-家を取得するために必要となった諸手続きに関する金額-家を売るための費用となり従って、税金は家を売ることによって得られる金額に対して掛けられることになります。

家を取得するために必要となった諸手続きに関する金額については、売った家を以前取得するために必要になった購入費用や建築に必要となった費用がそれに該当します。また、家のリフォームなどの費用も該当します。家を売るための費用については、家の売るために必要となった仲介手数料、印紙税の費用、境界画定測量のための費用、抵当権抹消などの登記のための費用、建物の解体費用が相当しますが、引越し費用などはそれには該当しません。

家を売った場合には税金を支払う必要がでてきますので、あらかじめ家を売ったことによって得られる金額を証明できるように領収書や売買契約書などの準備をしておくことが必要です。また、証明書が用意できない場合にはどのように対応するべきなのかについては税金の専門家である、税理士に相談をしてみると良いでしょう。有益なアドバイスが得られる可能性が考えられます。


◆関連する記事

特例控除
安値の時