家を売る:特例控除

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

電卓とノートとペンと家の模型家を売った場合にそれによって得られる金額に対しては当然のことながら税金を払う必要が出て来ます。
しかしながら、ある一定の基準を満たしていれば、特例の控除の対象になることができます。
特例の控除の条件を満たしていれば、3000万円までの控除を受けることが可能になります。

特例の控除を受けるための条件は下記の通りです。

  • その家に自分が住んでいること、あるいは以前住んでいた家の場合には、住んでいない状態になってから、3年目の12月31日までにその家を売っていることが必要です。
  • その家を売ってから過去2年間に遡って、住宅に関する税法の特例処置を受けていないことが必要です。
  • 親や子供など特別な関係にある方に家を売っていないことも必要です。生計を一にする人に対して家を売った場合も控除の対象外となります。

この特例の控除は家を2人で所有しているような場合には、それぞれの方がそれを適用することができますので、合計で最大3000万円までの控除を受けることが可能になってきます。一般的な家の場合には3000万円の控除が適用になれば、税金をほとんど払わなくて済むことが多いものです。控除の方法について不明の点がある場合には、税法に明るい税理士に相談してみると良いでしょう。節税の知恵を授けてもらえるようになることが期待できます。