家を売る:安値の時

一軒家家を売る際に購入した時の金額よりも安い金額で売ることになってしまうとかなり気持ちは落ちこんでしまうもといえます。
しかしながら、このような場合には別の形の控除を受けることが可能になってきます。
もちろん一定の条件を満たすことが必要ですが、住民税や所得税の控除を受けることが可能になります。

この控除は最大で4年間受けることができます。
例えば家を売ることによって買ったときの値段よりも下がっている場合にその損益が500万円であって、給与による所得が500万円である時には、その年の所得税は0円になります。住民税も0円になります。損益があらに大きくてその年の給与所得では控除できない場合には翌年の給与所得から控除することが可能になります。

このような、控除を受けるためには下記の条件が必要になります。

  • 売った家が自分が住んでいるものであるかまたは、自分が住まない状態になってから3年目の12月31日までのものであることが必要です。
  • 家を売るまでにその家の所有期間が5年を超えるものであることが必要です。
  • 家の床面積が50平方メートル以上であることが必要です。

実際に控除を受ける際の諸手続きにおいて不明の点がある場合には、税の専門家である税理士に相談をしてみるといいでしょう。


◆関連する記事
税金
特例控除

家を売る:特例控除

電卓とノートとペンと家の模型家を売った場合にそれによって得られる金額に対しては当然のことながら税金を払う必要が出て来ます。
しかしながら、ある一定の基準を満たしていれば、特例の控除の対象になることができます。
特例の控除の条件を満たしていれば、3000万円までの控除を受けることが可能になります。

特例の控除を受けるための条件は下記の通りです。

  • その家に自分が住んでいること、あるいは以前住んでいた家の場合には、住んでいない状態になってから、3年目の12月31日までにその家を売っていることが必要です。
  • その家を売ってから過去2年間に遡って、住宅に関する税法の特例処置を受けていないことが必要です。
  • 親や子供など特別な関係にある方に家を売っていないことも必要です。生計を一にする人に対して家を売った場合も控除の対象外となります。

この特例の控除は家を2人で所有しているような場合には、それぞれの方がそれを適用することができますので、合計で最大3000万円までの控除を受けることが可能になってきます。一般的な家の場合には3000万円の控除が適用になれば、税金をほとんど払わなくて済むことが多いものです。控除の方法について不明の点がある場合には、税法に明るい税理士に相談してみると良いでしょう。節税の知恵を授けてもらえるようになることが期待できます。

家を売る:税金

家を売ることによってそれに対して利益が生まれた場合にはその分に対して税金を支払う必要が出て来ます。買ったときの価格よりも家が高く売れた場合にはその分に対しての税金を支払う必要がでてきます

家を売った後は必ず確定申告が必要ですし、購入金額より売却金額が高かったなど利益が出た場合は譲渡所得税が発生し、税金を払うことになります。この税金に関しても3000万円の特別控除や、軽減税率の特例などがあり、自分で申請する必要があります。

確定申告書類家を売ることによって得られた税金は通常の税金とは異なった形式で収められるものですので、分離課税方式によって支払われます。
家を売ることによって得られる金額の計算方法は以下のようになっています。
家を売ることよって得られる金額=家の売買金額-家を取得するために必要となった諸手続きに関する金額-家を売るための費用となり従って、税金は家を売ることによって得られる金額に対して掛けられることになります。

家を取得するために必要となった諸手続きに関する金額については、売った家を以前取得するために必要になった購入費用や建築に必要となった費用がそれに該当します。また、家のリフォームなどの費用も該当します。家を売るための費用については、家の売るために必要となった仲介手数料、印紙税の費用、境界画定測量のための費用、抵当権抹消などの登記のための費用、建物の解体費用が相当しますが、引越し費用などはそれには該当しません。

家を売った場合には税金を支払う必要がでてきますので、あらかじめ家を売ったことによって得られる金額を証明できるように領収書や売買契約書などの準備をしておくことが必要です。また、証明書が用意できない場合にはどのように対応するべきなのかについては税金の専門家である、税理士に相談をしてみると良いでしょう。有益なアドバイスが得られる可能性が考えられます。


◆関連する記事

特例控除
安値の時